人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

今話題の“SDGs”にITで貢献する

2020.12.10

◆SDGsとは?

最近よく耳にするようになった“SDGs”。その詳細をご存知でしょうか。
SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で持続可能な社会を構築することを達成するために掲げた17の開発目標です。
17の目標は以下のとおりです。

 1.貧困をなくそう
 2.飢餓をゼロに
 3.ずべての人に健康と福祉を
 4.質の高い教育をみんなに
 5.ジェンダー平等を実現しよう
 6.安全な水とトイレを世界中に
 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
 8.働きがいも 経済成長も
 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
 10.人や国の不平等をなくそう
 11.住み続けられるまちづくりを
 12.つくる責任 つかう責任
 13.気候変動に具体的な対策を
 14.海の豊かさを守ろう
 15.陸の豊かさも守ろう
 16.平等と公平をすべての人に
 17.パートナーシップで目標を達成しよう

上記17の目標を見てみると、貧困や飢餓、働き甲斐や経済成長、気候変動についてまで、世界全体が抱える課題を幅広く挙げていることが分かります。開発途上国から先進国まで、それぞれの環境で抱える課題が盛り込まれていますが、先進国の経済合理性などが優先されて対応が後回しになっていた課題といえます。経済のグローバル化や世界全体の持続可能性という観点から、国際機関や各国政府はもちろんのこと、企業がこれらの課題に対して今まで以上に積極的に取り組んでいくことが求められるようになってきています。
最近では、大企業を中心に各企業におけるSDGsの取り組みが注目されるようになり、企業CMや報道特集などで目にすることも多くなっています。企業にとって、SDGsに取り組むことは新規市場開拓やビジネスチャンスにつながる可能性があり、SDGsに関連するビジネスに携わることで企業価値向上や持続的な成長も期待できるといわれています。

 

◆ITで実現させるSDGs

SDGsの17の目標のうち、特に「9.産業と技術革新の基盤をつくろう」においてはITで実現することが期待されているのではないでしょうか。SDGsを取り組む上で、ITで実現できることを考えてみます。

<IT導入で実現させるための取り組み>
・基幹システム導入
システムを導入することで、ペーパーレス化・業務効率化を促進させ、環境のための資源の削減に貢献する。
また、効率化を実現することで従業員が働きやすい労働環境を実現させる。

・情報管理システム導入
医療機関や行政などと連携させ、個人情報やサービス利用履歴等を管理するシステムを導入することで、
人々が安心・安全に暮らせるような社会に貢献する。

SDGsを実現できるのは大企業だけではなく、中堅企業も含め、すべての企業が事業の施策と関連付けて、事業の軸を指し示すツールとして活用できます。さらに、企業として、持続的成長を実現するという目標を持つことで、指標が明確に開示され、既存顧客や従業員に安心を与えるのではないでしょうか。まだ未着手である企業が多い段階だからこそ、対応できるところから取り組みを進めていくことで、企業価値の向上が見込めるかもしれません。

 

◆基幹システム開発・導入支援

すべての企業がSDGsを取り組むことは、まだまだ浸透していないかもしれません。しかし消費者の立場で考えれば、エコバックやプラスチック削減は、確実に浸透してきています。
また、新型コロナウィルスの感染拡大により、働き方や日々の生活は一変しています。先送りにしていたIT・デジタル化の実現は今や急務となっているのではないでしょうか。
SDGsへの取り組みの一環として、また、現状の働き方・業務内容に合わせたIT導入が今後の事業継続のポイントといえそうです。
エイ・エヌ・エスは、業務の見直しによるオーダーメイドのシステム開発や再構築、生産性向上・業務効率化のためのデザイン刷新等、デジタル化やデジタルトランスフォーメーション推進のための一歩を支援致します。

まずは検討段階、情報収集においても、お気軽にご連絡・お問合せください。

・IT-Trust (オーダーメイドのシステム導入で実現する在宅勤務・テレワーク対応)
https://ans-net.co.jp/

・Innovation Design Labo (IT活用で企業の業務改革をデザインし、支援する)
https://innovation-design-lab.com/

 

関連記事
  • 2025年の崖が影響するものとは

    2025年の崖が影響するものとは

    ◆2025年の崖がもたらすもの 2025年まであと3年に迫ろうとしている中、企業は今何を準備するべきなのでしょうか。 そもそも「2025年の崖」とは何を示しているのか、まとめてみます。2018年に経済産業省が、DX(デジ …
  • 2023年導入のインボイス制度とは ~適格請求書等保存方式~

    2023年導入のインボイス制度とは ~適格請求書等保存方式~

    ◆インボイス制度=適格請求書等保存方式 2023年10月1日(令和5年10月1日)より導入されることになったインボイス制度。 この制度が導入されることで、企業の事業運営にあたり具体的にどのような影響があるのでしょうか。イ …
  • 要件定義のチェックポイントとは

    要件定義のチェックポイントとは

    ◆“要件定義”という重要な工程 システム開発を行う上で必要な工程である“要件定義”。システム開発の工程と期間 ~工程~にてシステム開発の工程について記載していますが、その中の“要件定義”について記載していきます。 簡潔に …
  • IT利用が当たり前の時代

    IT利用が当たり前の時代

    ◆各世代でIT利用が増加傾向に ここ10年でスマートフォンが急速に普及し、ある人にとってはテレビに代わる存在になったり、決済の手段であったりと、その機能と活用の幅は広がっています。 スマートフォンの普及とともに、ITを駆 …
  • 加速する小売業のデジタル化

    加速する小売業のデジタル化

    ◆時代の変化と“今”のニーズ コロナ禍で人々の消費行動が大きく変化している中、小売業でもデジタル導入が加速しています。 昨今の小売業界では、モノが売れない時代であると言われています。物を所有することが当たり前だった時代か …
  • 中小企業がIT化を成功させるために

    中小企業がIT化を成功させるために

    ◆中小企業のIT化の目的とは 昨今の情勢や急速な変化が求められている今、IT化は必要不可欠であると考える企業が多いのではないでしょうか。ビジネスにITを導入することは、今後ますます加速していくとみられています。 そんな中 …
  • システム再構築のタイミングについて

    システム再構築のタイミングについて

    ◆システム再構築を検討すべき状況とは ビジネスや環境の変化に応じて、業務システムの入替や再構築を検討することになると思いますが、システムを見直すタイミングはいつが最適といえるのでしょうか。 一般的に業務システムの再構築は …
  • クラウドとオンプレミスの違いとは?

    クラウドとオンプレミスの違いとは?

    ◆クラウドとオンプレミスについて システム開発には、ソフトウェアをおくサーバーは必要不可欠です。サーバーの運用をクラウドとするか、オンプレミスにするか、選択をすることになります。最近では「クラウド化」「クラウド運用」とい …
  • ”生産性”について考える

    ◆生産性を向上させる目的とは 昨今、労働力人口の減少やコロナ禍における働き方の概念が変化していることにより、企業に対して生産性向上が求められています。DX(デジタルトランスフォーメーション)やIT化を視野に入れて生産性向 …
  • システム開発の工程と期間 ~期間~

    システム開発の工程と期間 ~期間~

    ◆システム開発にかかる期間は? システム開発の工程と期間 ~工程~でシステム開発は多くの工程を踏んで進めていくことがわかりました。そこで気になってくるのが「システム開発にはどのくらいの期間がかかるのか」だと思います。シス …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP