人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

システムの内製化で起きる問題とは?

2022.03.24

◆システム開発の内製化の弱点

IT化やデジタル化が急務となっている昨今では、システムを内製化することを検討する企業も多いのではないでしょうか。例えば、システムの重要度が高く、サービスや商流の変化に柔軟に対応する必要性があるなどの場合、内製化するべきといえるかもしれません。内製化できれば、時間・コストともに最低限に抑えることができ、無駄な工程もなくなります。
一方で、システムを内製で開発・保守していることに起因して発生しうる問題があります。内製化の弱点は、一言でいうと体制の維持と継続です。ここをどう対処・検討するか、見極めることが大きなポイントです。

 

◆実際のリスクと対策

「システムの内製化をしているが、体制に懸念がある。」こんな声をよく耳にします。このような場合の多くは、1名体制で属人化していることがほとんどです。業務が属人化するということは、担当者が不在の時も代わりに業務を遂行する人がいないということ。一定期間業務が止まれば、遅延が発生します。1名で対応している以上、遅延を取り戻すことも難しくなります。急なケガや病気での休職や退職のリスクも念頭に置き複数人で体制を組むことはマストです。
また、通常のシステム開発においては、設計書やソースコード情報等に関するドキュメントを作成しますが、体制が整っていないとドキュメントを作成いないケースが多く見受けられます。1名で担っていれば情報共有を行う必要性がないことが原因なのかもしれませんが、継続的にシステム開発・保守を行っていくのであれば、業務を引き継ぐ可能性を考慮してドキュメントを作成しておく必要があります。
システムの内製化は、一概には言えませんが、体制さえ構築できれば外注するよりもメリットが大きいと思います。その反面、自社内の体制づくりには人員基盤と時間、労力がかかることを前提に検討していくことが必要でしょう。

 

◆内製化のご相談やシステムの外注も、ご相談ください!

内製化を検討しているが、担当者不在の現状を打破したい…
システム開発を外注し、将来的には内製化をしたい…
システムに関するお悩みがございましたら、エイ・エヌ・エスにお聞かせください。
弊社は、オーダーメイドの基幹システム開発を主軸に、創業以来30年以上、多くのシステム関連サービスを提供しております。オーダーメイドのシステム開発や再構築を主軸に事業を展開し、システム開発と合わせてインフラ管理・提案も行っています。
システム開発やシステム保守にお困りの企業様はぜひ一度、お問合せ下さい。

・保守引継ぎサービス(最短1ヶ月でシステム保守の引継ぎが可能)
https://ans-net.co.jp/lp/maintenance/

・IT-Trust (オーダーメイドのシステム導入で実現する在宅勤務・テレワーク対応)
https://ans-net.co.jp/

・Innovation Design Labo (IT活用で企業の業務改革をデザインし、支援する)
https://innovation-design-lab.com/

関連記事
  • 基幹システムを分かりやすく説明

    基幹システムを分かりやすく説明

    ◆基幹システムを分かりやすく知りたい! 基幹システムとは、企業の根幹となる業務を管理するシステムのことです。 “根幹となる業務”は、生産管理や販売管理、受注管理や在庫管理等、事業運営の中心となる業務を指します。停止してし …
  • システム導入のスケジュールについて

    システム導入のスケジュールについて

    ◆システム導入までに想定しておくべきスケジュール スクラッチ型のシステム導入を検討する時、導入までのスケジュールを立てておく必要があると思います。しかし、一般的に導入までにどのくらいの期間が必要なのか分からず、予定が立て …
  • IT需要拡大とIT人材不足の背景

    IT需要拡大とIT人材不足の背景

    ◆なぜIT人材が不足する? 企業がDXの推進を求められている今、IT業界の市場は拡大しています。そんな中で要となるIT人材。昨今ではIT人材の不足が急加速しており、経済産業省は2030年には最大で79万人のIT人材が不足 …
  • 現場担当者と経営者が求める業務システムの違い

    現場担当者と経営者が求める業務システムの違い

    ◆現場担当者が求めるシステムとは? 新たにシステム開発を検討する際、企業は何を基軸にプロジェクトをすすめるべきなのでしょうか。システム再構築のプロジェクトは、実際にシステムを使うことになる現場担当者の協力は必要不可欠です …
  • システム開発の要件定義の目的を考える

    システム開発の要件定義の目的を考える

    ◆システム開発の要件定義、その重要性とは? システム開発における要件定義。要件定義は、システム開発の工程で最初に行う作業です。 要件定義が適切に進まなければ、システム開発ベンダーはどのようなシステムにしたらよいかわからず …
  • 業務システムは10年以上使えるか?

    業務システムは10年以上使えるか?

    ◆良いシステムを長期間利用することは可能か? ビジネスにITが必要不可欠な時代。すでにITシステムを利用して業務をまわすことがデフォルトになっている企業も多いでしょう。すでに稼働しているシステムのリニューアルや再構築のタ …
  • 中小企業がはじめてのシステム導入で気をつけるべきこと

    中小企業がはじめてのシステム導入で気をつけるべきこと

    ◆システム導入前に考えておくべきポイントは? DXの推進、2025年の崖、定着されつつあるリモートワーク。ビジネスにITは必要不可欠な時代です。 中小企業のシステム導入が加速している中、業務システムの導入を検討していても …
  • システム導入の社内プロジェクトが進まない理由 

    システム導入の社内プロジェクトが進まない理由 

    ◆社内で立ち上げたプロジェクト、成功していますか? どの会社においても、社内で発足するプロジェクトが存在します。プロジェクトとして名を持つ以上、事業的に重要な役割を担ったり、事業運営にあたり必要な取り組みとして位置づけら …
  • 受注管理システムで効率を実現

    受注管理システムで効率を実現

    ◆受注管理システムとは? 「受注管理システム」は、受注管理業務を自動化することで効率化を実現させるためのシステムです。一般的には、顧客のからの注文を受け、商品の種類、数量、納品期日等の注文内容を確定し、生産・出荷等の次工 …
  • 業務効率化に貢献できるシステム

    業務効率化に貢献できるシステム

    ◆業務効率化とシステムの関係 業務効率化のための手段として挙げられる「システム導入」 今や、業務効率化をスムーズに進めるために、システムの導入は必要不可欠ではないでしょうか。企業が業務効率化を推し進める理由は、労働力の向 …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP