人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

システム開発の工程と期間 ~工程~

2021.08.05

◆システム開発工程を知る

新たなシステムを開発しようと考えた時、多くの企業は専門のシステム開発会社に外注することを検討します。“そんなに難しいシステムではないから簡単なはず”“できればすぐにでもシステムを活用したい”などの事情や要望も様々ですが、システム開発において、実際にどんな工程を踏んで、どのくらいの期間がかかるものなのでしょうか。

システム開発は、決めた工程に則って行うことを前提としています。日常生活で例えると、旅行をするとき、行き先を決め、その場所に必要な持ち物や交通手段を手配し、スケジュールを組むなど、踏んでおくべき手順が存在します。そのように工程に沿っていければ、現地でスムーズに楽しい旅行が実現するでしょう。
話を戻して、システムの開発工程には大きく分けて2パターン存在します。やり方という方が正しいかもしれませんが、ウォーターフォール開発とアジャイル開発です。
ウォーターフォール開発は、順番に工程を進めていき、工程毎に完了を設けることで、前工程に戻ることなく進めていくやり方です。現時点でどの工程に着手しているかが明確になり、作業がスムーズに行うことができます。多くのシステムは、このウォーターフォール開発によって進められることが多く、一般的な方法と言えそうです。一方のアジャイル開発は、短いスパンで繰り返し開発・検収を行う方法です。急な仕様の変更や修正・改修への対応をスピーディに行うことができます。但し、その分ゴールやスケジュールが読めないという難点もあります。

 

◆開発工程について

ウォーターフォール開発に視点を当てて、開発工程についてみてみましょう。

①要件定義
要件定義とは、どんなシステムを開発したいのか、実現するためにどの開発手法で構築するか、導入や運用方法、予算、期間など、システム開発に必要な要件を決めていく工程です。要件定義の工程で決めた内容に準じて、以後の工程を進めていくため、クライアント側と開発会社の認識を合わせて齟齬なく進めていくことがポイントとなります。各工程の中でもシステムの軸となる部分を決めるため、上流工程と言われ、とても重要な工程です。

②概要設計・詳細設計
概要設計は、要件定義の工程で決めた内容を基に、主にシステムの利用者が「見える部分」を決定する工程です。例えば、画面のデザインやシステムから出力される帳票などを指します。概要設計が定まれば、概要設計書を元に詳細設計を行います。詳細設計は、作り手に向けた工程です。具体的にシステムの機能を実装するために詳細設計書に落とし込み、プログラミング工程に進むための設計書を確定していきます。

③開発
文字通り、開発を行う工程です。プログラムを組んでシステムを製造していく工程となります。

④テスト
開発したプログラムが仕様通りに動作するかを確認する工程で、テストには、単体テスト、結合テスト、総合テストがあります。単体テストは、ひとつひとつのプログラムごとにテストを行い、不具合が発見されればそこを修正していきます。結合テストは、プログラム同士が結合しても動作ができるか確認していくテスト内容です。総合テストは、システム全体のテストで、すべての動作、連携、速度に問題はないか、多角的に確認していきます。

⑤受入テスト
受入テストもいわゆるテストといわれる工程ですが、クライアントが主体となって、開発会社と合同で行うテスト工程となります。クライアントが実際の業務を想定しながらテストを実施することで、操作感や業務遂行の流れを体験をもって確認していくことができます。

⑥システム移行(納品・リリース)
テスト工程が完了すると、システムをクライアントが利用できるような環境に移行します。旧システムがある場合、クライアントが旧システムから新システムで業務を行うためのデータ移行を行うことになります。想定通りに動作するよう、リスクや懸念を考慮しながら慎重に、かつ、スムーズに移行していきます。

⑦保守・運用
リリースしたシステムを問題なく稼働し続けるには保守・運用業務が必要です。特にリリース直後は、どうしてもトラブルや不具合が起こりやすいので、システムが安定稼働するまでは連携の取れた保守対応は必要不可欠です。保守の必要性については、以前コラムで記載していますので、こちらからご覧ください。

 

以上のようにシステム開発工程を工程毎に説明しましたが、工程を分けることで得られる最大のメリットは、効率と品質の高いシステムを作ること、と言われています。
開発工程を段階毎に区切り、細かくゴール(完了)を設けることで、複雑化しやすいシステム開発が簡潔になるため、システム開発の効率化・品質の向上につながるといえます。

 

◆基幹システム開発・導入支援

エイ・エヌ・エスは、オーダーメイドの基幹システム開発を主軸に、創業以来30年以上、多くのシステム関連サービスを提供しております。オーダーメイドのシステム開発や再構築を主軸に事業を展開し、システム開発と合わせてインフラ管理・提案も行っています。
また、システム保守の引継ぎや生産性向上・業務効率化のためのデザイン刷新、アプリ開発など、新しいビジネス展開のご支援やIT化やDX推進のための一歩を支援しています。
まずは検討段階、情報収集においても、お気軽にご連絡・お問合せください。

・IT-Trust (オーダーメイドのシステム導入で実現する在宅勤務・テレワーク対応)
https://ans-net.co.jp/

・Innovation Design Labo (IT活用で企業の業務改革をデザインし、支援する)
https://innovation-design-lab.com/

・保守引継ぎサービス(最短1ヶ月でシステム保守の引継ぎが可能)
https://ans-net.co.jp/lp/maintenance/

関連記事
  • 業務システム開発でよく使う言語と特性 

    業務システム開発でよく使う言語と特性 

    ◆プログラミング言語とは システムやアプリは、プログラムを組んで構築されています。プログラミングに用いるプログラミング言語とは、人がコンピューターに伝えたいことを指示するためのコンピューター専用の言語です。このプログラミ …
  • IT企画を社内で内製化することの重要性

    IT企画を社内で内製化することの重要性

    ◆ITの企画・立案を自社で進めるべき理由 ITが主軸となるビジネスモデルの普及が急がれている中、自社で手綱を握ることで独自性や企業の発展が見込める重要なポイントがどこにあるのかを見ていきましょう。 多くの日本企業は、シス …
  • Excelからの脱却でIT化推進の第一歩を  

    Excelからの脱却でIT化推進の第一歩を  

    ◆Excel管理のメリット・デメリット 業界や業種を問わず、ビジネスでの利用以外でも使い馴染みのある方も多いであろう「MicrosoftExcel」(以下、Excel)。Excelが搭載されていれば、コストがかからず誰で …
  • DX時代の基幹システムの在り方

    DX時代の基幹システムの在り方

    ◆DXを進める前に基幹システムの実情をみる 企業がDXの推進を求められている今、今後の業務システムの在り方をどのように考えていけば良いのでしょうか。 “DX=IT化ではない?その違いとは”でお話したように、DXの本質はI …
  • 企業のDX推進を加速させる“内製化”という選択肢

    企業のDX推進を加速させる“内製化”という選択肢

    ◆DXを推進させるための企業の選択肢 幅広い世代でスマートフォンが普及し、物の購入やサービスそのものをオンライン上で受けることが浸透している今、企業はIT活用の重要性を実感しているのではないでしょうか。 そんな中、DXの …
  • DX=IT化ではない?その違いとは

    DX=IT化ではない?その違いとは

    ◆DX(デジタルトランスフォーメーション)≠IT化 DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉が徐々に浸透し、その意味をぼんやりとは分かっているものの“IT化やデジタル化のこと”“システムを導入すること”など、説 …
  • 2025年の崖が影響するものとは

    2025年の崖が影響するものとは

    ◆2025年の崖がもたらすもの 2025年まであと3年に迫ろうとしている中、企業は今何を準備するべきなのでしょうか。 そもそも「2025年の崖」とは何を示しているのか、まとめてみます。2018年に経済産業省が、DX(デジ …
  • 2023年導入のインボイス制度とは ~適格請求書等保存方式~

    2023年導入のインボイス制度とは ~適格請求書等保存方式~

    ◆インボイス制度=適格請求書等保存方式 2023年10月1日(令和5年10月1日)より導入されることになったインボイス制度。 この制度が導入されることで、企業の事業運営にあたり具体的にどのような影響があるのでしょうか。イ …
  • 要件定義のチェックポイントとは

    要件定義のチェックポイントとは

    ◆“要件定義”という重要な工程 システム開発を行う上で必要な工程である“要件定義”。システム開発の工程と期間 ~工程~にてシステム開発の工程について記載していますが、その中の“要件定義”について記載していきます。 簡潔に …
  • IT利用が当たり前の時代

    IT利用が当たり前の時代

    ◆各世代でIT利用が増加傾向に ここ10年でスマートフォンが急速に普及し、ある人にとってはテレビに代わる存在になったり、決済の手段であったりと、その機能と活用の幅は広がっています。 スマートフォンの普及とともに、ITを駆 …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP