人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

要件定義のチェックポイントとは

2021.10.07

◆“要件定義”という重要な工程

システム開発を行う上で必要な工程である“要件定義”。システム開発の工程と期間 ~工程~にてシステム開発の工程について記載していますが、その中の“要件定義”について記載していきます。
簡潔に言うと「何をどのようにするか決めていく」のが要件定義という工程です。要望をどのようにシステム化していくかを定義するシステムの基盤となるため、重要な工程であるといえます。システム化にあたり、要件定義は要望を全てまとめれば良いというものではありません。実現すべき内容と、実現が難しい内容、実現すると業務が回らなくなる内容等、全ての視点から定義し、決めていく必要があります。例えば、Excelで管理している業務は、イレギュラーが起きた場合、人を介して柔軟に対応・管理しているケースがあります。システムは、イレギュラーが発生した場合に対応できる機能がなければ、システムでの対応はできません。そのため、人が行うような柔軟な対応が難しいケースもあるでしょう。要件定義の段階では、そういった要望の裏にある業務内容の正確性を踏まえて、要件定義を行う必要があります。

 

◆要件定義を知る

要件定義は「何をどのようにするか決めていくこと」と上述しましたが、それは、要望を出す顧客側だけではなく、システム開発の担い手側も「どのような手段でシステム化するか」考える工程でもあります。要件定義にあるべき4つの要件を説明します。

【業務要件】
システム化にあたり、現状の業務がどのように流れているかを分析し、問題を抽出した上で、新たに何を実現すべきかを決めていきます。この段階ではシステム化の可否は意識せず、あくまで課題や要望、業務そのものに焦点を絞ります。顧客側と開発側のゴールを合致させることが目的です。

【システム要件】
現状の業務分析と業務の流れが決まれば、それをどのようにシステムに落とし込んでいくかを決めます。前章でもお伝えした通り、業務要件で決めた業務上の要望とシステム要件で決める「システムを通じてできること」は必ずしも同じではないため、システムサイドからみた要件を確認します。

【機能要件】
システム化の方向性が決まると、システムに必要な機能について検討できます。機能要件は、この機能がないとシステムが要件を満たしていないという条件で最低限実現すべきシステムの機能です。そうなると、システム開発に最低限かかる費用が見えてくるでしょう。

【非機能要件】
機能要件が発注者にとって必須機能であれば、非機能要件は「あれば便利だな」と考える要件です。非機能要件が実現できれば、システムに対する満足度は向上しますが、予算や納期大きくなることになるので、全体的な判断で検討できる要件といえます。

上記の通り、要件定義を大きく4つに分けて進めていければ、発注者が明確にすべきこと、開発者に確認・提案依頼すべき内容が見えてくると思います。要件定義がしっかりできれば、その後の開発が非常にスムーズに進みやすいので、システム開発を検討される場合は、まずは業務要件からまとめてみましょう。

 

◆基幹システム開発・導入支援

エイ・エヌ・エスは、オーダーメイドの基幹システム開発を主軸に、創業以来30年以上、多くのシステム関連サービスを提供しております。オーダーメイドのシステム開発や再構築を主軸に事業を展開し、要件定義から保守・運用まで丁寧にサポートしています。
また、システム保守の引継ぎや生産性向上・業務効率化のためのデザイン刷新、アプリ開発など、新しいビジネス展開のご支援やIT化やDX推進のための一歩を支援しています。
まずは検討段階、情報収集においても、お気軽にご連絡・お問合せください。

・IT-Trust (オーダーメイドのシステム導入でDX推進を支援する)
https://ans-net.co.jp/

・保守引継ぎサービス(最短1ヶ月でシステム保守の引継ぎが可能)
https://ans-net.co.jp/lp/maintenance/

・Innovation Design Labo (IT活用で企業の業務改革をデザインし、支援する)
https://innovation-design-lab.com/

関連記事
  • 2025年の崖が影響するものとは

    2025年の崖が影響するものとは

    ◆2025年の崖がもたらすもの 2025年まであと3年に迫ろうとしている中、企業は今何を準備するべきなのでしょうか。 そもそも「2025年の崖」とは何を示しているのか、まとめてみます。2018年に経済産業省が、DX(デジ …
  • 2023年導入のインボイス制度とは ~適格請求書等保存方式~

    2023年導入のインボイス制度とは ~適格請求書等保存方式~

    ◆インボイス制度=適格請求書等保存方式 2023年10月1日(令和5年10月1日)より導入されることになったインボイス制度。 この制度が導入されることで、企業の事業運営にあたり具体的にどのような影響があるのでしょうか。イ …
  • 要件定義のチェックポイントとは

    要件定義のチェックポイントとは

    ◆“要件定義”という重要な工程 システム開発を行う上で必要な工程である“要件定義”。システム開発の工程と期間 ~工程~にてシステム開発の工程について記載していますが、その中の“要件定義”について記載していきます。 簡潔に …
  • IT利用が当たり前の時代

    IT利用が当たり前の時代

    ◆各世代でIT利用が増加傾向に ここ10年でスマートフォンが急速に普及し、ある人にとってはテレビに代わる存在になったり、決済の手段であったりと、その機能と活用の幅は広がっています。 スマートフォンの普及とともに、ITを駆 …
  • 加速する小売業のデジタル化

    加速する小売業のデジタル化

    ◆時代の変化と“今”のニーズ コロナ禍で人々の消費行動が大きく変化している中、小売業でもデジタル導入が加速しています。 昨今の小売業界では、モノが売れない時代であると言われています。物を所有することが当たり前だった時代か …
  • 中小企業がIT化を成功させるために

    中小企業がIT化を成功させるために

    ◆中小企業のIT化の目的とは 昨今の情勢や急速な変化が求められている今、IT化は必要不可欠であると考える企業が多いのではないでしょうか。ビジネスにITを導入することは、今後ますます加速していくとみられています。 そんな中 …
  • システム再構築のタイミングについて

    システム再構築のタイミングについて

    ◆システム再構築を検討すべき状況とは ビジネスや環境の変化に応じて、業務システムの入替や再構築を検討することになると思いますが、システムを見直すタイミングはいつが最適といえるのでしょうか。 一般的に業務システムの再構築は …
  • クラウドとオンプレミスの違いとは?

    クラウドとオンプレミスの違いとは?

    ◆クラウドとオンプレミスについて システム開発には、ソフトウェアをおくサーバーは必要不可欠です。サーバーの運用をクラウドとするか、オンプレミスにするか、選択をすることになります。最近では「クラウド化」「クラウド運用」とい …
  • ”生産性”について考える

    ◆生産性を向上させる目的とは 昨今、労働力人口の減少やコロナ禍における働き方の概念が変化していることにより、企業に対して生産性向上が求められています。DX(デジタルトランスフォーメーション)やIT化を視野に入れて生産性向 …
  • システム開発の工程と期間 ~期間~

    システム開発の工程と期間 ~期間~

    ◆システム開発にかかる期間は? システム開発の工程と期間 ~工程~でシステム開発は多くの工程を踏んで進めていくことがわかりました。そこで気になってくるのが「システム開発にはどのくらいの期間がかかるのか」だと思います。シス …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP