人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

企業が抱えるシステムに関する悩みとは

2021.12.14

◆IT導入やシステム開発を進める前に

新型コロナによって急速に普及せざるをえなくなったリモートワーク、ITツールやシステム導入の加速に比例するように、企業が抱えるITの悩みも増えているのではないでしょうか。
新サービスや新しい技術により、ITは早いスピードで日々進化しています。企業の体制や業務内容の変化に応じて、情報システム部門や社内担当者が対応を求められると思います。新たにシステム開発を検討することになったと仮定して考えてみると、システムの相場はいくらなのか、最新技術の活用したいがそもそも要件に合うかなど、多くの疑問や懸念がでてくるのではないいでしょうか。そこで、IT導入やシステム開発における悩みについてお話していきます。

 

◆よくある悩みとは?

システムに関するお悩みを参考までに3つ挙げてみます。

【お悩み⑴:システムにかかる費用の相場はどのくらいなのか。】
システムにかかる費用の相場は、対象とするシステムによって異なります。例えば、パッケージのシステム製品の場合、アカウントやユーザー毎に価格設定をしていることが多く、アカウント数によって費用が変動します。
スクラッチ型開発の場合、そのシステムの規模によって価格は変動します。機能数の少ない小規模のシステムと機能数の多い大規模システムでは、当たりまえですが費用は変わります。そうなるとシステム開発会社が見積もる際の軸となる人月単価で比較すると分かりやすいかもしれません。PM(プロジェクトマネージャー)やSE(エンジニア)など、役割によって各社が設定している人月単価を比較して検討すべきということになります。
比較対象を明確にした上で、費用の相場を見比べる必要がありそうです。

【お悩み⑵:システム維持のために高額な月額費用が発生しているが、メンテナンスは必要なのか。】
システムを問題なく運用する上で、メンテナンスは欠かせません。
万が一トラブルが発生して業務が停止した場合、保守体制が整っていないと早急な対応が取れず、業務によっては事業の売上に大きな影響を及ぼしかねません。高額であるかどうかはもちろん他社との比較・検討の余地がありますが、通常通り稼働しているシステムであっても運用を維持するための体制は必要不可欠です。

【お悩み⑶:システムを導入したが実際の業務に適さず、追加・改修を繰り返している。】
業務内容や要件をもう一度洗い出し、開発側と認識が合っているのか確認する必要があります。目的・ゴールを明確にすることは、システム導入のもっとも重要なポイントで、最大限の効果が得られるシステム要件を定義する必要があります。複数システムを導入し、データ連携をさせて運用していれば、全体としてデータの整合性が無く、人手のデータ加工や重複入力が多く運用の手間がかかっているというケースもあります。こうした状況を防ぐには、十分なスケジュールと長い目で見た目標と計画を立てることが大切です。

 

◆システム開発・再構築・保守 お悩みを解消するためのお手伝いをします!

エイ・エヌ・エスは、オーダーメイドの基幹システム開発を主軸に、創業以来30年以上、多くのシステム関連サービスを提供しております。オーダーメイドのシステム開発や再構築を主軸に事業を展開し、システム開発と合わせてインフラ管理・提案も行っています。
保守引継ぎサービスは、システム保守の打ち切りや高額な保守費用など、様々な理由からシステム保守に悩みを抱えた企業様に対して、システムを解析し詳細を把握した上で、保守・メンテナンスを継続的にご提供する保守引継ぎサービスも展開しています。
ITやシステムについて、お悩み・お困りの企業様はぜひ一度、お問合せ下さい。

・IT-Trust (オーダーメイドのシステム導入で実現する在宅勤務・テレワーク対応)
https://ans-net.co.jp/

・保守引継ぎサービス(最短1ヶ月でシステム保守の引継ぎが可能)
https://ans-net.co.jp/lp/maintenance/

・IT相談サービス(企業様が抱えるITに関するお悩み・ご相談を無料で受付)
https://www.ans-net.co.jp/it-advice/

関連記事
  • システムを安定的に稼働させるための“システム保守”

    システムを安定的に稼働させるための“システム保守”

    ◆年々高まるシステム保守の重要性 ビジネスにITシステムが必要不可欠になっている現代。 「システムの安定的な稼働=事業運営の基盤」となっている企業も多く、システムが万が一停止した場合、業務が滞ってしまうリスクが大きな懸念 …
  • 謹賀新年 2022年IT業界の将来性を見る

    謹賀新年 2022年IT業界の将来性を見る

    ◆世界的にみるIT業界の今 2022年という新たな年を迎え、今年はどんな年になるのでしょう。ここ数年でテレワークやオンライン等、デジタルを活用したコミュニケーションが浸透し、今後さらに加速していくことが予想されています。 …
  • 2022年のIT戦略やトレンドに注目する

    ◆2021年のITの動向を振り返る 「DX(デジタルトランスフォーメーション) 」「5G」「AI」「IoT」 様々なITに関わる技術やサービスが注目されてきましたが、2022年に企業が注目すべきIT戦略や動向について探っ …
  • 企業が抱えるシステムに関する悩みとは

    企業が抱えるシステムに関する悩みとは

    ◆IT導入やシステム開発を進める前に 新型コロナによって急速に普及せざるをえなくなったリモートワーク、ITツールやシステム導入の加速に比例するように、企業が抱えるITの悩みも増えているのではないでしょうか。 新サービスや …
  • システム開発・保守・運用 SEの業務内容とは

    システム開発・保守・運用 SEの業務内容とは

    ◆SE(システムエンジニア)の業務内容 システムやアプリなど、その他多くのITサービスを生み出すSE(エンジニア)は、具体的にどのような業務にあたっているかご存知ですか? プログラミングをしてシステム開発をすることは知っ …
  • 業務システム開発でよく使う言語と特性 

    業務システム開発でよく使う言語と特性 

    ◆プログラミング言語とは システムやアプリは、プログラムを組んで構築されています。プログラミングに用いるプログラミング言語とは、人がコンピューターに伝えたいことを指示するためのコンピューター専用の言語です。このプログラミ …
  • IT企画を社内で内製化することの重要性

    IT企画を社内で内製化することの重要性

    ◆ITの企画・立案を自社で進めるべき理由 ITが主軸となるビジネスモデルの普及が急がれている中、自社で手綱を握ることで独自性や企業の発展が見込める重要なポイントがどこにあるのかを見ていきましょう。 多くの日本企業は、シス …
  • Excelからの脱却でIT化推進の第一歩を  

    Excelからの脱却でIT化推進の第一歩を  

    ◆Excel管理のメリット・デメリット 業界や業種を問わず、ビジネスでの利用以外でも使い馴染みのある方も多いであろう「MicrosoftExcel」(以下、Excel)。Excelが搭載されていれば、コストがかからず誰で …
  • DX時代の基幹システムの在り方

    DX時代の基幹システムの在り方

    ◆DXを進める前に基幹システムの実情をみる 企業がDXの推進を求められている今、今後の業務システムの在り方をどのように考えていけば良いのでしょうか。 “DX=IT化ではない?その違いとは”でお話したように、DXの本質はI …
  • 企業のDX推進を加速させる“内製化”という選択肢

    企業のDX推進を加速させる“内製化”という選択肢

    ◆DXを推進させるための企業の選択肢 幅広い世代でスマートフォンが普及し、物の購入やサービスそのものをオンライン上で受けることが浸透している今、企業はIT活用の重要性を実感しているのではないでしょうか。 そんな中、DXの …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP