人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

DX時代の基幹システムの在り方

2021.11.09

◆DXを進める前に基幹システムの実情をみる

企業がDXの推進を求められている今、今後の業務システムの在り方をどのように考えていけば良いのでしょうか。
DX=IT化ではない?その違いとは”でお話したように、DXの本質はIT化やシステムの刷新ではありません。デジタル技術を活用して、ビジネスモデルや企業変革をしていくことを意味しています。しかしそれは反対に、業務プロセスのシステム化が根幹として確立されていなければ、DXの推進が難しいということが分かります。システムが正常に機能し、企業の売上に貢献しているのであれば、新たなビジネスモデルの創出や企業変革のためのDX推進に注力できますが、現状では既存システムが業務効率を悪化させる足かせになっているというケースが散見されています。社会や市場の変化に対応できず、仕様や設計が古くなり、基幹システム自体が遅れを取っている企業は少なくないというのが実情です。経済産業省が発表したレポート内に記載されている「2025年の崖」で問題視されているとおり、古い基幹システムやソフトウェアなどが時代遅れの「レガシーシステム」になってしまうとの予測は現実になりえるといえそうです。
(前回のコラムをご参照ください。⇒“2025年の崖が影響するものとは”)

 

◆基幹システムの課題を解決するには?

DXを見据えた基幹システムの刷新を考えた時、古く老朽化した基幹システムは、具体的にどのような課題を抱えているか見ていきましょう。

【課題1】老朽化と活用されていない大量データ
基幹システムを利用していれば、利用年月分のデータが蓄積されているはずです。これは、企業にとって立派な資産となりえますが、売上に直結するコアシステムであれば特に重要といえます。しかし、実際にはそのデータの出力や加工はしていても、具体的な集約や分析を行うデータ活用をしている企業はまだまだ少ないのが実情です。

【課題2】追加・改修によるプログラムの肥大化・複雑化
システムを長年利用すると、その間に業務ニーズに合わせた改修や機能追加を繰り返しているケースがほとんどです。そのため、企業によっては「これ以上どこかを改修すると、どこに影響が出るか分からない」といったようにプログラムの整合性が保てなくなり、追加や変更をしたくてもできない状況を引き起こします。

【課題3】業務プロセスの見直し・標準化のハードルが高い
これは、企業が自社のDX推進の第一歩として、システム刷新を掲げた際に直面しやすい課題といえるでしょう。システム刷新に伴って効率化を重視したシステムを開発する場合、現在の業務プロセスを見直すことから始める必要があります。また、従業員毎に管理方法や対応の仕方が統一されていないケースは、業務を統一させる標準化が必要です。

参考に挙げた3つの課題は共通して、業務効率を低下させる要因となります。システムを刷新することで何を実現させたいか、またその先に見据えたDX推進に繋がるシステム刷新になっているか、全社的な目線での長期的な課題解決手段と成長戦略を確立することが重要です。業務プロセスの中で、システムを使って何をどう改善していくかを明確にして、基幹システムの在り方を考えていくとよいでしょう。

 

◆システム開発・導入によってIT化を実現し、DX推進を支援!

DXという目的達成のために必須であろうIT化。中でも、多くの企業が“今”抱えている課題は、古い基幹システムの刷新や老朽化しているシステム再構築ではありませんか。
エイ・エヌ・エスは、オーダーメイドの基幹システム開発を主軸に、創業以来30年以上、多くのシステム関連サービスを提供しております。オーダーメイドのシステム開発や既存システムの再構築を主軸に事業を展開し、システム開発と合わせてインフラ管理・提案も行っています。また、ブラックボックス化したシステムの保守引継ぎや生産性向上・業務効率化のためのデザイン刷新、アプリ開発など、新しいビジネス展開のご支援やIT化やDX推進のための一歩を支援しています。
まずは検討段階、情報収集においても、お気軽にご連絡・お問合せください。

・IT-Trust (オーダーメイドのシステム導入で企業のDX推進を支援)
https://www.ans-net.co.jp/

・Innovation Design Labo (IT活用で企業の業務改革をデザインし、支援する)
https://innovation-design-lab.com/

・保守引継ぎサービス(最短1ヶ月でシステム保守の引継ぎが可能)
https://ans-net.co.jp/lp/maintenance/

関連記事
  • IT企画を社内で内製化することの重要性

    IT企画を社内で内製化することの重要性

    ◆ITの企画・立案を自社で進めるべき理由 ITが主軸となるビジネスモデルの普及が急がれている中、自社で手綱を握ることで独自性や企業の発展が見込める重要なポイントがどこにあるのかを見ていきましょう。 多くの日本企業は、シス …
  • Excelからの脱却でIT化推進の第一歩を  

    Excelからの脱却でIT化推進の第一歩を  

    ◆Excel管理のメリット・デメリット 業界や業種を問わず、ビジネスでの利用以外でも使い馴染みのある方も多いであろう「MicrosoftExcel」(以下、Excel)。Excelが搭載されていれば、コストがかからず誰で …
  • DX時代の基幹システムの在り方

    DX時代の基幹システムの在り方

    ◆DXを進める前に基幹システムの実情をみる 企業がDXの推進を求められている今、今後の業務システムの在り方をどのように考えていけば良いのでしょうか。 “DX=IT化ではない?その違いとは”でお話したように、DXの本質はI …
  • 企業のDX推進を加速させる“内製化”という選択肢

    企業のDX推進を加速させる“内製化”という選択肢

    ◆DXを推進させるための企業の選択肢 幅広い世代でスマートフォンが普及し、物の購入やサービスそのものをオンライン上で受けることが浸透している今、企業はIT活用の重要性を実感しているのではないでしょうか。 そんな中、DXの …
  • DX=IT化ではない?その違いとは

    DX=IT化ではない?その違いとは

    ◆DX(デジタルトランスフォーメーション)≠IT化 DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉が徐々に浸透し、その意味をぼんやりとは分かっているものの“IT化やデジタル化のこと”“システムを導入すること”など、説 …
  • 2025年の崖が影響するものとは

    2025年の崖が影響するものとは

    ◆2025年の崖がもたらすもの 2025年まであと3年に迫ろうとしている中、企業は今何を準備するべきなのでしょうか。 そもそも「2025年の崖」とは何を示しているのか、まとめてみます。2018年に経済産業省が、DX(デジ …
  • 2023年導入のインボイス制度とは ~適格請求書等保存方式~

    2023年導入のインボイス制度とは ~適格請求書等保存方式~

    ◆インボイス制度=適格請求書等保存方式 2023年10月1日(令和5年10月1日)より導入されることになったインボイス制度。 この制度が導入されることで、企業の事業運営にあたり具体的にどのような影響があるのでしょうか。イ …
  • 要件定義のチェックポイントとは

    要件定義のチェックポイントとは

    ◆“要件定義”という重要な工程 システム開発を行う上で必要な工程である“要件定義”。システム開発の工程と期間 ~工程~にてシステム開発の工程について記載していますが、その中の“要件定義”について記載していきます。 簡潔に …
  • IT利用が当たり前の時代

    IT利用が当たり前の時代

    ◆各世代でIT利用が増加傾向に ここ10年でスマートフォンが急速に普及し、ある人にとってはテレビに代わる存在になったり、決済の手段であったりと、その機能と活用の幅は広がっています。 スマートフォンの普及とともに、ITを駆 …
  • 加速する小売業のデジタル化

    加速する小売業のデジタル化

    ◆時代の変化と“今”のニーズ コロナ禍で人々の消費行動が大きく変化している中、小売業でもデジタル導入が加速しています。 昨今の小売業界では、モノが売れない時代であると言われています。物を所有することが当たり前だった時代か …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP