人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

成功するプロジェクトのポイント・基幹システム構築

2018.07.20

 

◆基幹システムは誰のためのもの?

 

基幹システムを導入する目的はなんでしょうか。業務スピードの向上や自動化、人材に代わる業務遂行など、「業務を効率的に行い、生産性を向上させる事」だと思います。また、我々システム会社もまた、システムを導入する企業の売上・利益向上に大きく貢献するため、日々システム開発事業に従事しています。

では、業務を効率化し生産性向上を目的とする以外に、基幹システムとはどんな役割を担うのでしょう。そもそも基幹システムは、誰のために開発・導入するものでしょうか。

基幹システムは、会社を経営するために必要なものです。会社経営のルールは、基幹システムの仕様と言っても間違いではありません。会社経営のルールを“システム”という枠組み・フォーマットに落とし込み、社員の誰もがシステムを利用することでルール通りに業務が遂行できるようになれば、運用の煩雑化や対応ミスで業務が停滞するリスクを大幅に削減することができます。いわば、個人の能力に依存することなく、業務をルール通りに遂行できるツールとなります。

 

◆システム導入の成功と失敗の根源とは

 

 

システムの導入が失敗しやすい考え方として以下のような進め方があります。

「みんなで利用するシステムだから、みんなで意見を出し合って良いシステムを作ろう」

一見すると良さそうな進め方です。それぞれの業務や立場の異なる要望を組み込むことで、個人のやり方によって便利なシステムになるかもしれません。しかし、会社経営の総意に合致しているかという点では不明です。結果、中途半端な落とし所の仕様になり、いざ現場導入のフェーズで「イメージと違う」「運用したい内容と異なる」などという結果に陥りやすく、システムが導入できないという事態が発生します。

成功するための重要なポイントは、会社経営のルールを決める権限を持った方が、システム仕様の最終決定を行うことです。システムを導入することで最終的にどのような結果を見出したいのか、その重要性はとても大きいです。経営のTOPがシステム開発に明るくないという理由でシステム担当者に任せっきりにしてしまうと、ルールが不明瞭な状態になり、成功することが難しくなります。

 

“みんな”のためのシステムではなく“会社”のためのシステムである以上、会社経営の要望=根幹仕様=会社運営ルール・組織のルールをしっかり定めて要件を集約し、システムに組み込む必要があります。根幹仕様は、会社経営に携わる代表者がしっかり判断し、決定する必要があります。

 

◆システム導入の重要なポイント

 

会社経営、運用の根幹仕様を把握し、決定できる権限者の参加がカギとなります。現場の状況を考慮せずに理想のシステムを導入しても、業務にそぐわなければ意味がありません。そこで、現場をよく知る社員の方が、実際の対応や運用方法などの事実を正確に報告する必要があります。現場の情報を取集して事実を踏まえた上で、会社としてどのように機能させたいか、システムを導入することでどのような結果を見出したいかを決定することが重要です。その上で、根幹となる仕様を確定します。

完成したシステムを会社の総意として現場に導入し運用していけば、認識の齟齬なく、利用することが可能です。

 

システム開発・導入のポイント

 

 

 

関連記事
  • 2025年の崖が影響するものとは

    2025年の崖が影響するものとは

    ◆2025年の崖がもたらすもの 2025年まであと3年に迫ろうとしている中、企業は今何を準備するべきなのでしょうか。 そもそも「2025年の崖」とは何を示しているのか、まとめてみます。2018年に経済産業省が、DX(デジ …
  • 2023年導入のインボイス制度とは ~適格請求書等保存方式~

    2023年導入のインボイス制度とは ~適格請求書等保存方式~

    ◆インボイス制度=適格請求書等保存方式 2023年10月1日(令和5年10月1日)より導入されることになったインボイス制度。 この制度が導入されることで、企業の事業運営にあたり具体的にどのような影響があるのでしょうか。イ …
  • 要件定義のチェックポイントとは

    要件定義のチェックポイントとは

    ◆“要件定義”という重要な工程 システム開発を行う上で必要な工程である“要件定義”。システム開発の工程と期間 ~工程~にてシステム開発の工程について記載していますが、その中の“要件定義”について記載していきます。 簡潔に …
  • IT利用が当たり前の時代

    IT利用が当たり前の時代

    ◆各世代でIT利用が増加傾向に ここ10年でスマートフォンが急速に普及し、ある人にとってはテレビに代わる存在になったり、決済の手段であったりと、その機能と活用の幅は広がっています。 スマートフォンの普及とともに、ITを駆 …
  • 加速する小売業のデジタル化

    加速する小売業のデジタル化

    ◆時代の変化と“今”のニーズ コロナ禍で人々の消費行動が大きく変化している中、小売業でもデジタル導入が加速しています。 昨今の小売業界では、モノが売れない時代であると言われています。物を所有することが当たり前だった時代か …
  • 中小企業がIT化を成功させるために

    中小企業がIT化を成功させるために

    ◆中小企業のIT化の目的とは 昨今の情勢や急速な変化が求められている今、IT化は必要不可欠であると考える企業が多いのではないでしょうか。ビジネスにITを導入することは、今後ますます加速していくとみられています。 そんな中 …
  • システム再構築のタイミングについて

    システム再構築のタイミングについて

    ◆システム再構築を検討すべき状況とは ビジネスや環境の変化に応じて、業務システムの入替や再構築を検討することになると思いますが、システムを見直すタイミングはいつが最適といえるのでしょうか。 一般的に業務システムの再構築は …
  • クラウドとオンプレミスの違いとは?

    クラウドとオンプレミスの違いとは?

    ◆クラウドとオンプレミスについて システム開発には、ソフトウェアをおくサーバーは必要不可欠です。サーバーの運用をクラウドとするか、オンプレミスにするか、選択をすることになります。最近では「クラウド化」「クラウド運用」とい …
  • ”生産性”について考える

    ◆生産性を向上させる目的とは 昨今、労働力人口の減少やコロナ禍における働き方の概念が変化していることにより、企業に対して生産性向上が求められています。DX(デジタルトランスフォーメーション)やIT化を視野に入れて生産性向 …
  • システム開発の工程と期間 ~期間~

    システム開発の工程と期間 ~期間~

    ◆システム開発にかかる期間は? システム開発の工程と期間 ~工程~でシステム開発は多くの工程を踏んで進めていくことがわかりました。そこで気になってくるのが「システム開発にはどのくらいの期間がかかるのか」だと思います。シス …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP