人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

システム保守体制は万全ですか? ②属人的な保守対応のリスクとは

2020.08.18

◆システム保守が属人化しやすい理由


業務における“属人化”とは、対象の業務が特定の人に依存してしまうことです。それは、「その人がいなければ対応できない状態」であると言えます。
昨今では、このような状態に高いリスクを感じている企業が多いのではないでしょうか。
コロナウィルス感染拡大によって、これまでの考え方や価値観に変化が起こりました。推奨されるテレワークへの取り組みやオンライン化の検討が進み、業務の対応方法の見直しも進んでいるように思います。

そんな中、属人化する業務で今もっともリスクが大きいと想定できる業務が、システムの保守・運用業務ではないでしょうか。システムの保守は、システムの構成や重要度合い、必要機能を網羅し、不具合や障害発生時の対応はもちろんのこと、問題が起こらないようにメンテナンスする必要があります。また、業務に応じてシステム内を調整することも必要になるでしょう。リモートやオンラインで対応する業務が増えている現在においては、業務遂行の生命線といえそうです。
特にシステム保守は技術力を必要とし、専門性が高い業務になるため、知見のある担当者に依存しがちとなってしまいます。そうなると、特定の担当者以外は業務内容を身に付ける機会がないまま、属人化する傾向にあるのです。担当者の不在時には業務が進まず、退職や病気・けがでの休業となれば、システムを利用するすべての業務は停止してしまうことになります。そのためシステム保守の属人化は、企業にとって大きなリスクとなりえます。

 

◆属人化を解消するためには?


では、属人化したシステム保守を解消するためにはどうすれば良いのでしょうか。
下記の選択肢で見てみましょう。

①自社のリソースを拡大し、複数人で対応できるようにする
自社内にIT関連の部門があり、専門知識を有する従業員が多くいれば、属人化している業務のマニュアルを作成し、担当者以外も対応できるように引き継いでいくのが理想的です。
ただ、前述しているとおり、システム保守業務は専門性が高く技術力を必要とします。そのような専門知識のある従業員を多く抱えた企業はシステム関連会社やシステム情報部門を持つ大企業でない限りそう多くありません。システム保守が属人化している企業は、他に知識を有する従業員がいないことが属人化の要因なのではないでしょうか。

②システム保守を専門とする企業に依頼する
IT技術を要し、システム保守体制が整っている専門会社に複雑なシステム保守業務を一括してアウトソースすることで、企業として、属人化のリスクなく本業に専念できます。
属人化していることで「実は非効率になっていた」などのケースもあり、業務効率化を図る意味でもシステム保守引継ぎができる企業に任せるメリットは大きいといえます。
また、保守を引き継ぐ会社から一定の品質で保守対応を受けることができれば、担当者の技術量が足りず対応が遅れていた業務・課題なども解消され、利用者はストレスなく自分の業務に集中できます。
システム保守を委託する会社を慎重に選べば、自社で担うよりも得られるメリットは多いのではないでしょうか。

 

◆システム保守をアウトソースして本業に専念する!


システム保守の専任担当者が属人化していることにリスクを感じていて自社にIT知識のある従業員がいない場合、専門のシステム会社に“システム保守引継ぎ”検討してみてはいかがでしょうか。
エイ・エヌ・エスでは、お客様が業務に安心して専念できるようシステムのサポート体制を整えて保守・メンテナンスを継続的に支援します。
「すでにシステム保守ができていない状態である」
「担当者の退職・休業が目前に迫っている」 等
急を要する企業様にも対応できるよう、保守を代行するまでに必要なシステム分析・解析をする初期作業と保守対応を平行して実施することで、最短期間での保守開始を実現しています。保守だけでなく、追加開発やシステムの再構築もご提案できますので、システム面での長期的なサポートを実現する体制を整えています。
属人化を解消するために、まずは一度、ご相談・お問合せ下さい。

詳しくはこちら→https://ans-net.co.jp/lp/maintenance/

関連記事
  • 属人化したシステム課題を解決するには?

    属人化したシステム課題を解決するには?

    ◆属人化したシステムのリスク “属人化”とは、その業務のやり方や進め方などを、特定の担当者のみしか把握していない状況を指します。業務が専門的であることや、技術継承する機会がなく多忙といった理由から、長期にわたって特定の担 …
  • インボイス制度導入までに対応すべきこと

    インボイス制度導入までに対応すべきこと

    ◆導入がせまるインボイス制度 来年2023年10月1日より導入されることになるインボイス制度。 インボイス制度が導入されることで、何が変化し、導入までに準備しておくべきことはなんでしょうか。 インボイス制度は、「適格請求 …
  • システム開発における業者選定

    システム開発における業者選定

    ◆システム開発の見積りについて システム開発を外部業者に委託する際、悩むことはありませんか。 「システムの相場がわからない…」 「業者選定の際は、どこをポイントにしたらよいか分からない…」 よく理解しないまま依頼してしま …
  • システムの保守が必要な理由 

    システムの保守が必要な理由 

    ◆システムの保守って必要なのか? “システムの保守って、必要なの・・?”そのようにお考えの企業もあるのではないでしょうか。例えば、安定稼働しているシステムなので保守の必要がない、該当のシステムが保守する程の重要性はない、 …
  • IT企画を社内で内製化することの重要性

    IT企画を社内で内製化することの重要性

    ◆ITの企画・立案を自社で進めるべき理由 ITが主軸となるビジネスモデルの普及が急がれている中、自社で手綱を握ることで独自性や企業の発展が見込める重要なポイントがどこにあるのかを見ていきましょう。 多くの日本企業は、シス …
  • 情報システム戦略策定の重要性

    情報システム戦略策定の重要性

    ◆情報システム導入のために立てておくべき戦略とは? 昨今のIT需要拡大に伴い、IT導入なくして今後の事業継続は難しいと考える企業も多いのではないでしょうか。そこで必要となるのが、情報システム戦略。情報システム戦略とは、企 …
  • Excelからの脱却でIT化推進の第一歩を  

    Excelからの脱却でIT化推進の第一歩を  

    ◆Excel管理のメリット・デメリット 業界や業種を問わず、ビジネスでの利用以外でも使い馴染みのある方も多いであろう「MicrosoftExcel」(以下、Excel)。Excelが搭載されていれば、コストがかからず誰で …
  • ITリテラシー向上の必要性

    ITリテラシー向上の必要性

    ◆ITリテラシーとは? 身近に“IT”を利用するようになった現代。特に最近の急速なデジタル化促進によって、一人一人がITリテラシーを向上させる必要性が高まっています。 ITリテラシーとは、“インターネット・ネットワーク・ …
  • システムの内製化で起きる問題とは?

    システムの内製化で起きる問題とは?

    ◆システム開発の内製化の弱点 IT化やデジタル化が急務となっている昨今では、システムを内製化することを検討する企業も多いのではないでしょうか。例えば、システムの重要度が高く、サービスや商流の変化に柔軟に対応する必要性があ …
  • 中小企業がIT化を成功させるために

    中小企業がIT化を成功させるために

    ◆中小企業のIT化の目的とは 昨今の情勢や急速な変化が求められている今、IT化は必要不可欠であると考える企業が多いのではないでしょうか。ビジネスにITを導入することは、今後ますます加速していくとみられています。 そんな中 …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP