人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

謹賀新年 2022年IT業界の将来性を見る

2022.01.06

◆世界的にみるIT業界の今

2022年という新たな年を迎え、今年はどんな年になるのでしょう。ここ数年でテレワークやオンライン等、デジタルを活用したコミュニケーションが浸透し、今後さらに加速していくことが予想されています。また、電子証明書や電子契約等の電子商取引の普及や、多くのクラウドサービスも定額制のサブスクリプション型がさらに浸透していくと想定できます。ITの重要性が高まっている中で、IT業界の将来性についてみていきましょう。

今や世界的にもトップ産業となっているIT業界。
世界時価総額ランキングでは、1位はアップル、2位はマイクロソフト、3位はGoogleの親会社にあたるアルファベットと上位にランキングに入る半数以上がIT企業です。(2021年12月現在)
“時価総額”は、株価×発行済み株式数であり、株は市場からの評価をあらわします。時価総額が高いということは、会社の価値が高く将来性が期待されている企業ということを意味します。

1位 アップル
2位 マイクロソフト
3位 アルファベット
4位 サウジアラムコ
5位 アマゾン・ドット・コム
6位 テスラ
7位 メタ・プラットフォームズ
8位 エヌビディア
9位 バークシャー・ハサウェイ
10位 テンセント・ホールディングス

 

◆高まるIT需要と今後の課題

IT業界と言われる「インターネット・Web業界」「情報処理業界」「ソフトウェア業界」「ハードウェア業界」は、世界的トップ産業でみても分かる通り、市場規模の拡大が見込まれています。自動車の自動運転や小売業界の無人化等はAIの技術が活用され、不動産・医療においてもVR技術が活用されてきています。IT需要は益々高まり、私たちの生活も利便性の高いものへと変革していくでしょう。
一方でIT需要の拡大に伴い、IT人材の不足や長時間労働なども課題となっています。IT人材の不足は、業界の需要拡大と少子高齢化を理由に加速しており、中高生に対するプログラミング教育の義務化や若年層を対象としたIT関連教育サービスを提供する民間企業が増加傾向にあるなど、様々な解決策が実施されています。
IT人材が不足していることによって、エンジニアの長時間労働という課題も生まれていますが、これは人材不足だけが要因ではなく、IT業界の多重下請け構造も背景に挙げられます。下請けにあたる企業は、元請け企業から低コストで厳しい納期を迫られるケースも多く、長時間労働という状況に陥りやすくなります。この課題を改善すべく、昨今アメリカで多く取り入れられているウォーターフォール型への開発手法の見直し等も必要なのかもしれません。
2022年も間違いなくIT需要が加速し、それに伴う課題も浮き彫りになるでしょう。企業においても、IT活用は事業発展のために避けては通れない道となりそうです。

 

◆IT活用やシステム開発についてご相談ください!

エイ・エヌ・エスは、オーダーメイドの基幹システム開発を主軸に、創業以来30年以上、多くのシステム関連サービスを提供しております。オーダーメイドのシステム開発や既存システムの再構築を主軸に事業を展開し、システム開発と合わせてインフラ管理・提案も行っています。また、ブラックボックス化したシステムの保守引継ぎや生産性向上・業務効率化のためのデザイン刷新、アプリ開発など、新しいビジネス展開のご支援やIT化やDX推進のための一歩を支援しています。
まずは検討段階、情報収集においても、お気軽にご連絡・お問合せください。

・IT-Trust (オーダーメイドのシステム導入で企業のDX推進を支援)
https://www.ans-net.co.jp/

・Innovation Design Labo (IT活用で企業の業務改革をデザインし、支援する)
https://innovation-design-lab.com/

・保守引継ぎサービス(最短1ヶ月でシステム保守の引継ぎが可能)
https://ans-net.co.jp/lp/mainte

関連記事
  • システムを安定的に稼働させるための“システム保守”

    システムを安定的に稼働させるための“システム保守”

    ◆年々高まるシステム保守の重要性 ビジネスにITシステムが必要不可欠になっている現代。 「システムの安定的な稼働=事業運営の基盤」となっている企業も多く、システムが万が一停止した場合、業務が滞ってしまうリスクが大きな懸念 …
  • 謹賀新年 2022年IT業界の将来性を見る

    謹賀新年 2022年IT業界の将来性を見る

    ◆世界的にみるIT業界の今 2022年という新たな年を迎え、今年はどんな年になるのでしょう。ここ数年でテレワークやオンライン等、デジタルを活用したコミュニケーションが浸透し、今後さらに加速していくことが予想されています。 …
  • 2022年のIT戦略やトレンドに注目する

    ◆2021年のITの動向を振り返る 「DX(デジタルトランスフォーメーション) 」「5G」「AI」「IoT」 様々なITに関わる技術やサービスが注目されてきましたが、2022年に企業が注目すべきIT戦略や動向について探っ …
  • 企業が抱えるシステムに関する悩みとは

    企業が抱えるシステムに関する悩みとは

    ◆IT導入やシステム開発を進める前に 新型コロナによって急速に普及せざるをえなくなったリモートワーク、ITツールやシステム導入の加速に比例するように、企業が抱えるITの悩みも増えているのではないでしょうか。 新サービスや …
  • システム開発・保守・運用 SEの業務内容とは

    システム開発・保守・運用 SEの業務内容とは

    ◆SE(システムエンジニア)の業務内容 システムやアプリなど、その他多くのITサービスを生み出すSE(エンジニア)は、具体的にどのような業務にあたっているかご存知ですか? プログラミングをしてシステム開発をすることは知っ …
  • 業務システム開発でよく使う言語と特性 

    業務システム開発でよく使う言語と特性 

    ◆プログラミング言語とは システムやアプリは、プログラムを組んで構築されています。プログラミングに用いるプログラミング言語とは、人がコンピューターに伝えたいことを指示するためのコンピューター専用の言語です。このプログラミ …
  • IT企画を社内で内製化することの重要性

    IT企画を社内で内製化することの重要性

    ◆ITの企画・立案を自社で進めるべき理由 ITが主軸となるビジネスモデルの普及が急がれている中、自社で手綱を握ることで独自性や企業の発展が見込める重要なポイントがどこにあるのかを見ていきましょう。 多くの日本企業は、シス …
  • Excelからの脱却でIT化推進の第一歩を  

    Excelからの脱却でIT化推進の第一歩を  

    ◆Excel管理のメリット・デメリット 業界や業種を問わず、ビジネスでの利用以外でも使い馴染みのある方も多いであろう「MicrosoftExcel」(以下、Excel)。Excelが搭載されていれば、コストがかからず誰で …
  • DX時代の基幹システムの在り方

    DX時代の基幹システムの在り方

    ◆DXを進める前に基幹システムの実情をみる 企業がDXの推進を求められている今、今後の業務システムの在り方をどのように考えていけば良いのでしょうか。 “DX=IT化ではない?その違いとは”でお話したように、DXの本質はI …
  • 企業のDX推進を加速させる“内製化”という選択肢

    企業のDX推進を加速させる“内製化”という選択肢

    ◆DXを推進させるための企業の選択肢 幅広い世代でスマートフォンが普及し、物の購入やサービスそのものをオンライン上で受けることが浸透している今、企業はIT活用の重要性を実感しているのではないでしょうか。 そんな中、DXの …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP