人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

デジタル時代のコミュニケーションのあり方

2021.04.22

◆今、変革するコミュニケーションのあり方

この1年で、私たちの中でコミュニケーションという概念が大きく変わりました。
ビジネス面でいえば、対面が当たり前だった打ち合わせや会議はオンラインを軸に実施するようになり、リモートの効率の良さを感じた業種はオフィスを不要と位置付けました。
プライベートでも、エンターテイメントや各イベントは、のきなみオンライン配信になり、ネットショッピングのサービス拡充したこともあり、買い物はリアル店舗を利用する機会は減少しています。
接触することが良しとされない時代に、デジタルツールが私たちに与えてくれたメリットは計り知れません。物理的に会えない相手と画面越しに会って話ができることは、現代でなければ実現できなかったと思います。反対に、やはり対面でないと難しいと分かったこともあるのではないでしょうか。デジタルツールで言葉や文字を伝達したり、相手の状態を視覚的に確認することはできますが、感情や思考の共有は難しいという声が上がっています。
今後、デジタルをデフォルトにしていくべきコミュニケーションと、デジタルに不向きなコミュニケーションがあるということを理解した上で、順応していく必要がありそうです。

 

◆円滑にコミュニケーションをはかるために

会社組織においては、目的に合わせたコミュニケーションの取り方を選択するべきです。
例えば、定型的な報告や会議、流れがある程度決まっているような打合せ等は、総合的に見てオンラインの方が効率的と感じる場合が多いかもしれません。アイデアや意見の収集を目的としたブレーンストーミングのような会議であれば、自由に意見を出し合うような場の雰囲気や空気間が重要となるため、対面で実施する方が向いているといえます。
また、テキストによるコミュニケーションも上手に使いこなすことで、円滑なコミュニケーションに近づけたいところです。現在では一般的に浸透しているサービスも多いため、利用することに抵抗を感じる世代が少なくなっています。
テキストコミュニケーションは、選定するワードや伝えるタイミングを工夫すれば、単体でも立派なコミュニケーションツールになります。また、顧客や取引先、上司・同僚・部下など立場の違うそれぞれに適したツールを利用することも重要です。様々な利便性の高いオンラインツールやSNSが提供されていても、電話とメールがなくならないのは、やはり信頼関係の構築に影響する堅実なイメージが根強いからかもしれません。

デジタルツールを使えばすべてのコミュニケーションに問題はない、とは言えませんし、対面でなければコミュニケーションは成り立たない、とも思いません。
あくまで円滑なコミュニケーションをはかるためには、それぞれのメリット・デメリットを認識し、適切なコミュニケーション方法を選択し、丁寧に上手に使うことが求められるのではないでしょうか。

 

◆デジタルツールで効率良く業務を遂行するなら

コミュニケーションの精度が高まれば、仕事の精度は上がります。生産性を下げる理由の多くは、作業スピードの遅さではなく、伝達ミスや業務過多によるものと言われています。いずれもきちんとコミュニケーションが取れていれば生産性を下げずに済むと思います。

オンラインでコミュニケーションを取る際、デジタルツールの導入は必要不可欠です。また、リモートで業務を推進していく場合は、業務のシステム化も必要となります。
エイ・エヌ・エスは、オーダーメイドの基幹システム開発を主軸に、創業以来30年以上、多くのシステム導入、ITサービスを提供しております。オーダーメイドのシステム開発や再構築を主軸に事業を展開し、システム開発と合わせてインフラ管理・提案も行っています。
また、システム保守の引継ぎや生産性向上・業務効率化のためのデザイン刷新、アプリ開発など、新しいビジネス展開のご支援やIT化やDX推進のための一歩を支援しています。
まずは検討段階、情報収集においても、お気軽にご連絡・お問合せください。

 

・IT-Trust (オーダーメイドのシステム導入で実現する在宅勤務・テレワーク対応)
https://ans-net.co.jp/

・Innovation Design Labo (IT活用で企業の業務改革をデザインし、支援する)
https://innovation-design-lab.com/

・保守引継ぎサービス(最短1ヶ月でシステム保守の引継ぎが可能)
https://ans-net.co.jp/lp/maintenance/

関連記事
  • 2025年の崖が影響するものとは

    2025年の崖が影響するものとは

    ◆2025年の崖がもたらすもの 2025年まであと3年に迫ろうとしている中、企業は今何を準備するべきなのでしょうか。 そもそも「2025年の崖」とは何を示しているのか、まとめてみます。2018年に経済産業省が、DX(デジ …
  • 2023年導入のインボイス制度とは ~適格請求書等保存方式~

    2023年導入のインボイス制度とは ~適格請求書等保存方式~

    ◆インボイス制度=適格請求書等保存方式 2023年10月1日(令和5年10月1日)より導入されることになったインボイス制度。 この制度が導入されることで、企業の事業運営にあたり具体的にどのような影響があるのでしょうか。イ …
  • 要件定義のチェックポイントとは

    要件定義のチェックポイントとは

    ◆“要件定義”という重要な工程 システム開発を行う上で必要な工程である“要件定義”。システム開発の工程と期間 ~工程~にてシステム開発の工程について記載していますが、その中の“要件定義”について記載していきます。 簡潔に …
  • IT利用が当たり前の時代

    IT利用が当たり前の時代

    ◆各世代でIT利用が増加傾向に ここ10年でスマートフォンが急速に普及し、ある人にとってはテレビに代わる存在になったり、決済の手段であったりと、その機能と活用の幅は広がっています。 スマートフォンの普及とともに、ITを駆 …
  • 加速する小売業のデジタル化

    加速する小売業のデジタル化

    ◆時代の変化と“今”のニーズ コロナ禍で人々の消費行動が大きく変化している中、小売業でもデジタル導入が加速しています。 昨今の小売業界では、モノが売れない時代であると言われています。物を所有することが当たり前だった時代か …
  • 中小企業がIT化を成功させるために

    中小企業がIT化を成功させるために

    ◆中小企業のIT化の目的とは 昨今の情勢や急速な変化が求められている今、IT化は必要不可欠であると考える企業が多いのではないでしょうか。ビジネスにITを導入することは、今後ますます加速していくとみられています。 そんな中 …
  • システム再構築のタイミングについて

    システム再構築のタイミングについて

    ◆システム再構築を検討すべき状況とは ビジネスや環境の変化に応じて、業務システムの入替や再構築を検討することになると思いますが、システムを見直すタイミングはいつが最適といえるのでしょうか。 一般的に業務システムの再構築は …
  • クラウドとオンプレミスの違いとは?

    クラウドとオンプレミスの違いとは?

    ◆クラウドとオンプレミスについて システム開発には、ソフトウェアをおくサーバーは必要不可欠です。サーバーの運用をクラウドとするか、オンプレミスにするか、選択をすることになります。最近では「クラウド化」「クラウド運用」とい …
  • ”生産性”について考える

    ◆生産性を向上させる目的とは 昨今、労働力人口の減少やコロナ禍における働き方の概念が変化していることにより、企業に対して生産性向上が求められています。DX(デジタルトランスフォーメーション)やIT化を視野に入れて生産性向 …
  • システム開発の工程と期間 ~期間~

    システム開発の工程と期間 ~期間~

    ◆システム開発にかかる期間は? システム開発の工程と期間 ~工程~でシステム開発は多くの工程を踏んで進めていくことがわかりました。そこで気になってくるのが「システム開発にはどのくらいの期間がかかるのか」だと思います。シス …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP