人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

企業のDX推進を加速させる“内製化”という選択肢

2021.11.01

◆DXを推進させるための企業の選択肢

幅広い世代でスマートフォンが普及し、物の購入やサービスそのものをオンライン上で受けることが浸透している今、企業はIT活用の重要性を実感しているのではないでしょうか。
そんな中、DXの推進に向けて、大手企業を中心にビジネスモデルや業務改革を進める動きが見て取れます。IT戦略を立ててデジタル変革をしていくことが重要な施策であると考える大手企業は、社内でデジタル部門を設立する、大規模なエンジニア採用を積極的に行うなど、“内製化”に取り組む傾向が見えてきました。一般的には、IT企業に所属するエンジニア。日本企業の多くは、システム開発をITベンダーに委託する方法を選択していた中で、社内に多くのエンジニアを抱えて内製化することのメリットが大きいと判断していると考えられます。海外ではIT部門を設けて内製化している企業の割合が多く、6割以上の企業が内製化を実現しています。
(※”日本と海外のITについて”も合わせてご覧ください。)
冒頭でも記述したように、ビジネスモデルの変革と業務改革を行うにあたり、IT活用が今後の発展を左右することを鑑みて、自社内でスピーディに対応できる体制の構築が重要視されている背景があります。

◆中小企業の“内製化の壁”

大手企業が内製化という選択を取る中で、中小企業も含めた全ての企業が現実的にその選択を取れるかというと、中々難しいかもしれません。システム開発をITベンダーに一任している状況であれば、自社内にシステムに関するノウハウは蓄積されにくく、新たなサービスのためのシステム開発や機能追加、安定稼働のための保守・運用までベンダーに依存してしまう「ベンダーロックイン」の状態に陥ります。そのため、スピーディな対応や強固な体制構築は、委託しているITベンダーに左右されてしまいます。とかく大手ITベンダーの場合、多重下請け構造となっているためスピーディな対応は見込みにくく、これを危惧した大手企業が内製化へと舵を切っていると考えられます。
また、特に中小企業では、内製するために社内でシステム担当者という位置づけのエンジニアを採用しても、担当者個人に依存してしまうことになり、退職や定年によるリスクも避けられません。そもそも、IT活用の重要性を理解していない経営者であれば、「人が残業して対応した方が安価で安心」と考えている企業もまだまだあります。今後の事業継続を見据えた時には、このような考えはアップデートしていかなければといけない状況になっています。
DXの推進は、経営者自身がDX推進の重要性やIT活用の価値を理解し、“社内の体制構築”“ITスキルの定着”“業務改善への意識”を会社が一丸となって進めていくことが重要であると考えられます。

 

◆DX推進に向けたIT活用を!

今までの常識が変わりつつある今、今後ますますIT化が進むにつれ、内製化のメリットが色濃くなっていくのではないかと想像されます。DXの推進自体は、企業が自社主導で内製して進める必要があり、外部に丸投げできるものではありません。自社主導のDX推進に合わせて、IT戦略の策定やそれに伴う社内体制の強化など、将来的な成長を持続させるために今考えなければならない課題は多くあります。

エイ・エヌ・エスは、オーダーメイドの基幹システム開発を主軸に、創業以来30年以上、多くのシステム関連サービスを提供しております。オーダーメイドのシステム開発や既存システムの再構築を主軸に事業を展開し、システム開発と合わせてインフラ管理・提案も行っています。また、ブラックボックス化したシステムの保守引継ぎや生産性向上・業務効率化のためのデザイン刷新、アプリ開発など、新しいビジネス展開のご支援やIT化やDX推進のための一歩を支援しています。
まずは検討段階、情報収集においても、お気軽にご連絡・お問合せください。

・IT-Trust (オーダーメイドのシステム導入で企業のDX推進を支援)
https://www.ans-net.co.jp/

・Innovation Design Labo (IT活用で企業の業務改革をデザインし、支援する)
https://innovation-design-lab.com/

・保守引継ぎサービス(最短1ヶ月でシステム保守の引継ぎが可能)
https://ans-net.co.jp/lp/maintenance/

関連記事
  • IT企画を社内で内製化することの重要性

    IT企画を社内で内製化することの重要性

    ◆ITの企画・立案を自社で進めるべき理由 ITが主軸となるビジネスモデルの普及が急がれている中、自社で手綱を握ることで独自性や企業の発展が見込める重要なポイントがどこにあるのかを見ていきましょう。 多くの日本企業は、シス …
  • Excelからの脱却でIT化推進の第一歩を  

    Excelからの脱却でIT化推進の第一歩を  

    ◆Excel管理のメリット・デメリット 業界や業種を問わず、ビジネスでの利用以外でも使い馴染みのある方も多いであろう「MicrosoftExcel」(以下、Excel)。Excelが搭載されていれば、コストがかからず誰で …
  • DX時代の基幹システムの在り方

    DX時代の基幹システムの在り方

    ◆DXを進める前に基幹システムの実情をみる 企業がDXの推進を求められている今、今後の業務システムの在り方をどのように考えていけば良いのでしょうか。 “DX=IT化ではない?その違いとは”でお話したように、DXの本質はI …
  • 企業のDX推進を加速させる“内製化”という選択肢

    企業のDX推進を加速させる“内製化”という選択肢

    ◆DXを推進させるための企業の選択肢 幅広い世代でスマートフォンが普及し、物の購入やサービスそのものをオンライン上で受けることが浸透している今、企業はIT活用の重要性を実感しているのではないでしょうか。 そんな中、DXの …
  • DX=IT化ではない?その違いとは

    DX=IT化ではない?その違いとは

    ◆DX(デジタルトランスフォーメーション)≠IT化 DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉が徐々に浸透し、その意味をぼんやりとは分かっているものの“IT化やデジタル化のこと”“システムを導入すること”など、説 …
  • 2025年の崖が影響するものとは

    2025年の崖が影響するものとは

    ◆2025年の崖がもたらすもの 2025年まであと3年に迫ろうとしている中、企業は今何を準備するべきなのでしょうか。 そもそも「2025年の崖」とは何を示しているのか、まとめてみます。2018年に経済産業省が、DX(デジ …
  • 2023年導入のインボイス制度とは ~適格請求書等保存方式~

    2023年導入のインボイス制度とは ~適格請求書等保存方式~

    ◆インボイス制度=適格請求書等保存方式 2023年10月1日(令和5年10月1日)より導入されることになったインボイス制度。 この制度が導入されることで、企業の事業運営にあたり具体的にどのような影響があるのでしょうか。イ …
  • 要件定義のチェックポイントとは

    要件定義のチェックポイントとは

    ◆“要件定義”という重要な工程 システム開発を行う上で必要な工程である“要件定義”。システム開発の工程と期間 ~工程~にてシステム開発の工程について記載していますが、その中の“要件定義”について記載していきます。 簡潔に …
  • IT利用が当たり前の時代

    IT利用が当たり前の時代

    ◆各世代でIT利用が増加傾向に ここ10年でスマートフォンが急速に普及し、ある人にとってはテレビに代わる存在になったり、決済の手段であったりと、その機能と活用の幅は広がっています。 スマートフォンの普及とともに、ITを駆 …
  • 加速する小売業のデジタル化

    加速する小売業のデジタル化

    ◆時代の変化と“今”のニーズ コロナ禍で人々の消費行動が大きく変化している中、小売業でもデジタル導入が加速しています。 昨今の小売業界では、モノが売れない時代であると言われています。物を所有することが当たり前だった時代か …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP